マナラホットクレンジングゲル 美白成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

マナラホットクレンジングゲルに美白成分はあるの!?

 

 

最近ですが、年齢を重ねるにすれ顔などの肌のくすみが目立つなと・・・。

 

化粧など、ファンデーションで隠すようにはしていましたが、やはり一時的なものですから何ともならないなと思うばかりなのです。できれば、肌のくすみそのものに働きかける化粧品があればそれに越したことはないのですが(笑)

 

でも、現実には美白効果が期待できる化粧品って、なかなかないものです!!

 

それもですが、今回この記事で紹介しているマナラホットクレンジングゲルはクレンジング(洗浄)目的の製品ですから、美白効果なんてあるのか、なんだか疑わしいなとも私的には思えたのです。

 

そこで、マナラホットクレンジングゲルに美白成分があるか?また、もし、その美白成分があるのであれば、それはどのようなものでどのように肌に働きかけるのか?などを詳しく調べてみました。

 

肌のくすみや黒ずみが目立ってきたなという方には、以下で紹介する内容はかなり役立つのではと思います。

 

 

マナラホットクレンジングゲルの美白効果!

 

 

マナラホットクレンジングゲルには、美容成分が豊富ですが、しかしここで取り上げるのは、マナラホットクレンジングに配合されている強力な「美白成分」についてです。

 

実はマナラには「ハイドロキノン誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」が含まれており、続けて使うことでシミを改善したり、明るい白い肌になることができます。その二つの美白成分についていかに触れておきましたので以下を参考にしてください。

 

 

ハイドロキノン誘導体

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」や「美白の王様」と呼ばれています。シミの原因であるメラニン色素が生成されることを防ぎ、またメラニン色素を作る細胞自体を減らす作用があります。

 

一般的にしみを防ぐために配合された美白成分といえば、ビタミンCやプラセンタなどが有名ですが、ハイドロキノンの効果はその10倍、いや100倍はあるらしいです!!

 

ただし、ハイドロキノンとハイドの期のン誘導体は名前は似ていますが、似て非なるものです!ハイドロキノン誘導体というのは、 ハイドロキノンに似せて作ったコケモモや梨、ウワウルシなどの天然植物が由来の成分です。

 

メラニンの合成に関係するチロシナーゼという酵素に 作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとされていますが、その効果はハイドロキノンの100分の1に過ぎません。そのぶん、ハイドロキノンに比べると、 お肌に優しいのがハイドロキノン誘導体の特長です。

 

 

油溶性ビタミンC誘導体

 

酸化しやすく不安定な性質で、肌からはほとんど吸収されないビタミンC。このようなウイークポイントを克服し、肌からの摂取を可能にしたものが水溶性ビタミンC誘導体です。そして、この物質へさらに親油性を持たせたものが油溶性ビタミンC誘導体なのです。

 

油溶性ビタミンC誘導体は肌表面の皮脂、細胞間脂質となじみやすく、皮脂腺からのビタミンC吸収も可能となっています。

 

水溶性ビタミンC誘導体と比較して油溶性ビタミンC誘導体は、約4倍もの経皮吸収力。このように油溶性ビタミンC誘導体は浸透性が高く、また持続性もあるため、美白効果だけでなくタルミやシワに対しても効果的です。

 

 

↓↓私が今でも使っているマナラホットクレンジング公式サイトはこちら↓↓

>マナラホットクレンジングゲル公式サイト<

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加