マナラホットクレンジングゲル オイルフリー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

オイル成分配合のクレンジング剤って、どんなもの!?

 

 

洗浄力が強いため、メークとなじみやすく、汚れをしっかりと落とせると言われる反面、肌が必要とする皮脂やうるおいも洗い落としてしまうとも言われているクレンジング剤のオイル成分。

 

 

クレンジング剤のオイル成分の役目

なめらかなオイル特有のすべりの良さ、使い心地の良さから支持している人も多いので、オイル成分を配合したものを支持する方も多くいます。

 

メークだけでなく、皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや、大気中の汚染物質まで落とす役目があります。ベタつきやすく、化粧崩れの原因となる皮脂の分泌量が多いTゾーンにぴったりです。また、落ちにくいポイントメークを落とすのにも向いています。

 

汚れや皮脂をよく落としてくれる理由は、界面活性剤が多く含まれているため。界面活性剤によって汚れを浮き上がらせることができるので、それを水やぬるま湯で洗い流すのがオイル成分配合のクレンジング剤の特徴です。

 

 

オイル成分配合クレンジング剤の注意点

上記に挙げたように、ミルクやジェルタイプのクレンジングと比較すると、オイル成分配合のクレンジング剤は界面活性剤が多く含まれている傾向があります。界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メークとオイルをなじませるために重要なもの。洗浄力が強く刺激になるため、メークが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です。

 

また、なめらかな感触なので滑りやすく、指先に力をいれてしまいがち。強くマッサージしたり、ゴシゴシとこすったりしていると、肌を傷つけてしまう場合があります。さらに、必要な皮脂まで奪いとり、お肌がカサカサと乾燥してしまったり、肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

 

 

マナラホットクレンジングゲルはオイルフリーなの!?

 

 

マナラホットクレンジングゲルは配合成分にもこだわっています。上記の内容を見ても分かるように界面活性剤を配合していないのですつまり、肌のトラブルを招くオイル成分を配合していない・・・。

 

マナラホットクレンジングゲルはオイルフリーだと言う事が言えるのです。

 

また、オイルフリーであることで、オイル成分に弱いマツエクの接着剤(グルー)が溶けません。なので、マナラホットクレンジングゲルはマツエクしたままでも使用できるとも言われているのです。

 

ですので、オイルフリーのクレンジング剤を探している方にはマナラホットクレンジングゲルは最適な製品ではないのかなと私は思います。もっと詳しく知りたい時は、以下の公式サイトから確かめてみてください!

 

 

↓↓私が今でも使っているマナラホットクレンジング公式サイトはこちら↓↓

>マナラホットクレンジングゲル公式サイト<

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加